2017.9.22

美メイクの基本「メイク道具のお手入れ」

日増しに秋の気配が深まってまいりました。今週末はさわやかな秋晴れの予報です。
公園を散歩するだけでも、とても気持ち良く過ごせそうですね。
一方で、先週の台風で被害に遭われた方もおられると思います。
心よりお見離い申し上げます。

さて、今回は「メイク道具のお手入れ」についてお話したいと思います。
毎日使うメイク道具、皆さんはきちんとお手入れされていますか?
メイク道具の汚れは、ファンデーションやチークなどの成分だけではありません。
肌の皮脂や汚れなども付着しているため、そのままにしておくと雑菌の巣窟になってしまいます。
一説によると、一週間週間使い続けたスポンジに繁殖する雑菌の数は、トイレの床よりも多くなるとか。
もちろん、そんな道具を使っていると、メイクのノリも悪くなりがち。
清潔なメイク道具は「美メイク」への第一歩!なのです。

〈洗い方〉
スポンジやパフは、石けんでしっかりもみ洗いすればOK。
汚れが落ちきれていないと感じたときは、
お使いのクレンジングを少し混ぜてもみ洗いしてください。
水でしっかりとすすいだら、風通しの良い場所に陰干しましょう。
次はブラシです。
大きめのブラシなどは、洗う前に、クシを使って毛先からやさしくゆっくりと
ブラッシングしておきます。
そして、洗面器などに、ご家庭にある髪の毛用のシャンプーをぬるま湯で薄め、
ブラシを浸してやさしくもみ洗いします。
決して、毛先を引っ張ったり、水の中に浸け置きしたりしないようにしましょう。
汚れが落ちたら、十分にすすいで軽く絞り、乾いたタオルやペーパーなどで
押さえるようにやさしく水分を拭き取ります。
そして、風通しの良い場所で、筆先がどこにも触れないようにして乾かします。
毛の多いブラシや大きなブラシは、完全に乾くまでに時間がかかりますのでご注意を。 完全に乾いてから使用してください。
お手入れのタイミングは使用頻度にも異なりますが、
パフやスポンジは2~4日ごと、ブラシは3ヶ月を目安にしてください。
特別に時間をとるのが面倒な方は、入浴の際にメイク道具も一緒に洗ってしまうのもいいでしょう。
毎日使うものだから、しっかりお手入れしてくださいね!

◯プリオリコスメ メイクブラシシリーズ
http://www.prioricosme.com/products

◯プリオリコスメ代理店サロン検索
http://www.prioricosme.com/shoplist

news0921

トップへ戻る