Prioricosme ブログ|Priori Style

12 BEAUTY 油断禁物! 夏肌の乾燥の原因は?

油断禁物! 夏肌の乾燥の原因は?


乾燥イメージ

日中降り注ぐ強力な紫外線、うだるような暑さ、クーラーの冷気…。
この時期の肌環境は 想像以上に過酷なもの。
汗や皮脂で湿った肌の内側は想像以上に乾燥が進んでいることを知っていますか?

日本の夏は乾燥に気づきにくい

特に湿度が高い日本の環境は、「肌が乾燥している」と感じにくく、そのせいで肌のお手入れが手抜きになりがち。
乾燥はさまざまな老化の引き金になるので、放置しておくとシワやたるみ、くすみなどの肌トラブルにつながります。
では、夏の肌はどうして乾燥するのでしょう? ここでは夏の肌乾燥を引き起こす原因を紹介していきます。

暑い気候

汗によるうるおい放出

人間は暑いと汗をかいて身体を冷やそうとします。
夏は汗をかく量が増加するので、すこやかな肌を構築する成分まで一緒に流れ出てしまい、肌はカラカラの状態に。
また、汗をかく回数も多くなるので、肌表面の水分を奪われやすく乾燥を感じやすくなります。

乳液やクリーム

油分なしのスキンケア

夏は、化粧水や美容液といった「水分」のお手入れは必ずやっているのに、
乳液やクリームなどの「油分」のお手入れはベタつくという理由で、ついついサボりがちになる人も少なくないのではないでしょうか?
夏は肌が常にカラカラの状態。
化粧水や美容液で水分を入れこんでも、油分のフタをしないと水分が逃げてしまって、夏枯れ状態になってしまいます。

クーラーによる夏冷え

クーラーによる夏冷え

クーラーがガンガン効いた部屋で長時間過ごしていると、身体は当然冷えていきます。
そこに冷たい飲み物や食べ物が加わると、身体はさらに冷えて血行不良を引き起こしてしまい、乾燥が進んでしまいます。

紫外線

紫外線によるダメージ

紫外線を浴びすぎてしまうと、肌のうるおいを持続することが難しくなります。
肌のバリア機能が失われると、角質をため込んで自ら守ろうという機能がはたらき、角質がどんどん厚くなってしまいます。
そうなるとスキンケアの浸透が悪くなり、肌の乾燥が加速することに。

夏枯れを防ぐ

夏枯れ肌を防ぐ、簡単お手入れ3ステップ

これら5つの乾燥要因を踏まえた、簡単にできるお手入れテクニックをご紹介します。

少しの時間でも湯船につかる

この時期のお風呂は、シャワーで済ませがちですが、ならべく湯船につかるようにしましょう。
血液の循環がスムーズになり、肌のすみずみまでうるおいが浸透して乾燥しにくくなります。

化粧水の後は油分でフタをする

化粧水で肌に水分をしっかり入れた後は、保湿力の高い美容液をつけて、乳液やクリームなどの油分でしっかりフタをしましょう。
ベタベタしたのが苦手な人は、さっぱりしたものやジェルタイプを選ぶのがおっすめです。

日焼けどめで紫外線ダメージをガード

肌トラブルの原因となる、紫外線をしっかりブロックしないと、どんなお手入れも水の泡…。
夏のピークや曇りの日も油断は禁物。おでかけの際は顔への日焼けどめを忘れないようにしましょう。

PRIORI SALON

肌タイプを診断して、似合うメイク体験で“自分らしく輝くコスメ”やメイク法を資格を持ったアドバイザーがお伝えします。
お近くの正規代理店へお気軽にご相談ください。

あなたの魅力を引き出す メイクサロン プリオリコスメ販売代理店サロン

BACK NUMBER

  • 夏のベースメイク

    13 BEAUTY 朝のひと工夫で変わる、夏のベースメイク

  • 紫外線 髪の毛

    11 BEAUTY 肌だけじゃない! 髪の紫外線ケア。

  • 夏の暑さ

    10 BEAUTY コツをつかんでくずれ知らずの夏メイクに

トップへ戻る