Prioricosme ブログ|Priori Style

18 BEAUTY 大人の肌づくりの仕上げにフェイスパウダーを

ナチュラルでもきちんと感が欲しいなら…


フェイスパウダー

ナチュラルなツヤ肌ブームもあって、ベースメイクはファンデーションで終わりという人も多いですが、
きちんと感も欲しいなら、ファンデーションの後に必ずフェイスパウダーを使いましょう。

フェイスパウダーは超微粒子タイプのものを

フェイスパウダーは、繊細なパールが入った超微粒子タイプのものを選びましょう。
顔全体ではなくTゾーンを中心に入れることで、パウダーの光が顔の中心に集まり、立体感をプラス。
気になる肌トラブルも光効果でカバーしてくれます。

ファイスパウダー

フェイスパウダーはパフの中までたっぷり含ませて

パフの表面だけにパウダーがついていると、顔の最初につけた部分にだけ粉がつきすぎてしまいます。
これを防ぐには、パウダーを内部までたっぷり含ませること。
パフの表面にパウダーをのせた後、内側に折りこんで軽くもみ込みましょう。
こうすると、パフの内側まで粉が行き渡ります。

フェイスパウダーはおでこの中心、両頬サイド、鼻筋の順番で

おでこの中心にパフをポンポンと軽くおさえた後、両頬サイドは軽くなじませるようにのせます。
鼻筋はパフの先を使って軽くなでるように、小鼻のまわりはトントンとたたき込むようになじませます。

ファイスパウダー

眉にも忘れずフェイスパウダーを

眉にもパウダーをはたいておくと、アイブロウがくずれにくくなります。
眉頭から眉じりへ向かって、パフをなじませた後、眉の中間に向かって戻るように逆毛を立てます。
こうすると、眉の間にもパウダーの粉がきちんと入ります。

目じりにもはたいてメイクくずれを防止

目じりは、マスカラやアイシャドウが溜まりやすい部分。
ここにパウダーをはたくことで、メイクが落ちても肌につきにくくなります。
目もとはデリケートな場所なので、パフの先でポンポンと軽くおさえるようにのせましょう。
ポイントを押さえると、薄づきなのにツヤときちんと感のある美肌が作れますよ。

PRIORI SALON

肌タイプを診断して、似合うメイク体験で“自分らしく輝くコスメ”やメイク法を資格を持ったアドバイザーがお伝えします。
お近くの正規代理店へお気軽にご相談ください。

あなたの魅力を引き出す メイクサロン プリオリコスメ販売代理店サロン

BACK NUMBER

  • 瞑想浴

    21 LIFE STYLE 浄化美容で身体も心も健やかに

  • 肌トラブルの秋

    20 BEAUTY 秋スキンケアで肌対策を

  • 年齢とともにアイメイクも進化を

    19 BEAUTY 年齢とともにアイメイクを見直して

トップへ戻る