Prioricosme ブログ|Priori Style

17 BEAUTY 調子が悪い時こそ、ファンデーションを!

秋に特に出やすい肌悩みは…

お肌の調子が悪い時

9月になると、厳しい残暑が和らぎ、過ごしやすくなる季節に。
でも、肌の調子がイマイチだったり、化粧ノリが悪いと感じている人も多いのではないでしょうか?

秋に特に出やすい肌悩みは、次の3つが挙げられます。

●シミ、ソバカス
「何だかシミが増えた気がする」と思ったら、夏に浴び続けた紫外線が影響しているかもしれません。
秋は夏と比べて紫外線の量は少なくなりますが、シミやソバカスの元になるメラニンは肌に蓄積します。
気温の低下によってターンオーバーが乱れてシミやソバカスの排出が上手くいかず、目立つこともあります。

●くすみ、顔色の悪さ
「秋になると、ファンデーションが白浮きする」と感じる理由は、気温の低下に伴い血流が低下することが原因。
肌にツヤや透明感がなくなるため、くすんだり、黒ずんで見えることがあります。

●乾燥
「肌がカサついて、ファンデーションがムラになる」と、感じるのも気温の低下が原因。
気温が低くなると湿度も低下し、皮脂や汗の分泌が減少します。
そのため、肌の水分蒸散量が増えるため、肌を保護する膜が生成できなくなり、目もとや口もとにカサつきが目立つようになります。

ファンデーション

肌を守る、ファンデーション

肌のコンディションが悪く、化粧ノリが悪い時にやりがちなのが、ベースメイクをやめてしまうこと。
「ファンデーションを塗ると、肌に余計に負担をかけてしまうのでは」と、心配して、すっぴん肌で過ごした方がよいと考える人もいるかもしれません。

しかし、そんな時こそファンデーションは塗った方がいいのです。
ファンデーションは肌をきれいに見せるだけではなく、実は肌を「守る」役割も果たしています。

すっぴん肌は、紫外線や乾燥、ホコリなど肌荒れの原因となる外的要因による影響をダイレクトに受けてしまう状態にあります。
ファンデーションを塗ることで、素肌を保護する役割をもたらし、外的要因が肌に直接触れることは少なくなります。
ファンデーションは良い肌環境を保つために必要な存在なのです。

さらに、ファンデーションは肌に色がつくこともポイント。肌のすみずみまで塗ることができ、顔色をしっかりカバーするはたらきがあります。

プリオリコスメのファンデーションなら、ブルーベースからイエローベースまで、カラーが豊富に揃っているので、自分の肌色に合ったファンデーションが見つかるはず。
しかも、保湿力の高いファンデーションなので、肌調子の不安定なこの時期こそ、肌のコンディションを整える強い味方です。
ぜひ、自分の肌に合ったファンデーションで、秋の肌悩みを乗り切ってくださいね。

PRIORI SALON

肌タイプを診断して、似合うメイク体験で“自分らしく輝くコスメ”やメイク法を資格を持ったアドバイザーがお伝えします。
お近くの正規代理店へお気軽にご相談ください。

あなたの魅力を引き出す メイクサロン プリオリコスメ販売代理店サロン

BACK NUMBER

  • 肌トラブルの秋

    20 BEAUTY 秋スキンケアで肌対策を

  • 年齢とともにアイメイクも進化を

    19 BEAUTY 年齢とともにアイメイクを見直して

  • ファイスパウダー

    18 BEAUTY 大人の肌づくりの仕上げにフェイスパウダーを

トップへ戻る