Prioricosme ブログ|Priori Style

30 BEAUTY ファンデーションの色選びのコツ(第1回)



~迷えるあなたへ~ 

鏡を見た時、何か顔が浮いている?沈んでいる…と感じられたことはないですか?
ファンデーションは、自分の肌色に合ったものを選ばないと、あなた本来の魅力を損なうことになります。
今回はプリオリコスメが提案しているファンデーションの色選びの基本をご紹介します。

ブルべ? イエベ? 自分の肌色タイプに合わせる


ファンデーションの色選び

最近では一般的にもよく耳にするようになった「ブルべ」や「イエベ」という言葉。
これは、20年以上前に私たちが日本でいち早く商品開発のベースにとりいれた肌色の分類です。
肌の黄色く見せる色素がどれくらい肌色に影響しているのかで大きくブルーベースとイエローベースの2つに分けられます。
日焼けなどによって季節ごとに肌の色が変わっても、ベースタイプはほとんど変わることはありません。
自分はどちらのタイプなのかを見極めることが重要です。

これを、思い込みや主観で選んでしまうのは危険です。
わかりづらい方はプロの肌色診断を受けられることをお勧め致します

ブルべとイエベ、それぞれの特長


自分の肌色タイプ

・ブルーベース

ブルべ肌の特長は、比較的色白で血色感のない印象を与えます(赤みを感じるピンク肌の方もいます)。
ですので、血色感をプラスしてくれるピンクかかった下地やピンクベージュ系ファンデーションを使いましょう。
ブルべ肌特有の透明感が際立ち、肌をきれいに見せてくれる効果があります。

プリオリコスメファンデーション例
B/R(ブルーベースで赤みあり)
B/Y(ブルーベースで赤みの少ない黄色かかったもの)

・イエローベース

イエベ肌の特長は、文字通り黄みがかった肌色で、健康的な印象を与えます。 血色のある方が比較的多く、ゴールドなどの下地やオレンジベージュ系ファンデーションで艶感を引き立たせるのがおすすめです。

プリオリコスメファンデーション例
Y/R(イエローベースで赤みあり)
Y/Y(イエローベースで赤みが少ないもの)

肌色別ファンデーションの選び方

次に、肌の色から自分に合ったファンデーションを選びます。
ファンデーションの色は、一般的にピンク系、ベージュ系(ピンクより又はオークルよりのベージュがありブランドによって異なります)、
オークル系の大きく3種類に分けられています。
ベースタイプがブルーベースの人はピンク系やピンクベージュ系(プリオリコスメ例:B/RやB/Y)、
イエローベースの人はオークル系(プリオリコスメ例:Y/RやY/Y)がベストと言われています。
さらに、ブルべ、イエベそれぞれの肌色の特徴によっても選ぶ色は変わります。次回はこの内容をご紹介します。

肌色の特徴

ファンデーションの色は明るいところで確認を!

ファンデーションの色は光や角度によっても大きく変わります。
ファンデーションを選ぶ時は、なるべく明るい場所で確認しましょう。
一番のおすすめは自然光です。色の違和感がなく見比べることができます。
余裕がある時は、蛍光灯や白熱灯など、2種以上の光の下で確認をすると失敗を防げます。

女性の肌色はデリケートです。イエベ、ブルべから更に年齢や体調によって変化していきます。
肌色を正しくを見極め、本当に美しい素肌のようなベースメイクをご提案する専門のプロにお尋ねくださることをお勧めいたします。
プリオリコスメ代理店ではお一人おひとりのお肌に合わせたメイクとコスメをご提供しています。

PRIORI SALON

肌タイプを診断して、似合うメイク体験で“自分らしく輝くコスメ”やメイク法を資格を持ったアドバイザーがお伝えします。
お近くの正規代理店へお気軽にご相談ください。

あなたの魅力を引き出す メイクサロン プリオリコスメ販売代理店サロン

BACK NUMBER

  • マスクのアイメイク

    57 BEAUTY マスクの毎日だからこそアイメイクを!

  • オンラインミーティング

    56 LIFE STYLE Zoomの使い方ときれいに見せるコツ

  • イエローベース、ブルーベース

    55 BEAUTY ベースメイクを見直して、艶肌に!

トップへ戻る