Prioricosme ブログ|Priori Style

70 LIFE STYLE 寒い冬が来る前に始めたい!温活



「温活」How To

秋も随分と深まり、肌寒い日も増えてきましたね。これから本格的に寒い冬がやってきます。
キレイを作りながら、寒い冬を乗り越えられるよう今の時期から「温活」を始めてみませんか?

温活って何?!

私たち現代人の体温は昔と比べ約1度低い傾向があります。
その1度の差が原因で代謝が下がり、今多くの方が持っているお悩み「冷え性」や「体の不調」、
「肌荒れ」などを引き起こす原因となっています。
温活とは、そのように低くなってしまった体温を適正な温度まで上げる活動です。

今日からできる!温活 How To

(1) 朝に一杯の白湯

朝に一杯の白湯

 朝に白湯を飲むと体を内側から温め、代謝を上げることができます。
それによって目覚めが良くなったり、むくみの解消や肌のターンオーバーを整えるなど嬉しい効果がたくさん!
無味の白湯が苦手な方は、レモンやはちみつを入れてみてはいかがでしょうか♪

(2) 3つの「首」を温める

 3つの「首」を温め

 「首」「手首」「足首」からなる3つの首の周辺は、皮膚が薄く表面近くに太い動脈が流れています。
そのため、外気の影響を受けやすく、ここで血液が冷えてしまうと全身に冷えた血液が巡ってしまいます。
逆にここを温めると血行が良くなり、温かい血液が全身を巡るため、身体を温めるのにとても効果があります。
マフラーや手袋、靴下などを活用して3つの首を冷やさないようにしてください。

(3) おなかを温める

おなかを温める

 おなかには健康を左右する重要な臓器が集まっています。
臓器が冷えてしまうと、機能や代謝の低下に繋がります。
これも3つの「首」と同じように、おなかを温めると身体全体の代謝を上げ、温かい血液を巡らせることができます。
湯たんぽやカイロ、腹巻きなどでお腹周りを温めましょう!

(4) 温かい物を食べる!飲む!

温かい食べ物

 ついつい冷たいドリンクや、アイスに手を出してしまいますが、
体温を下げないためには口にする物の温度を意識することも大切です。
いつもの飲み物をHotにするだけでも、体温の低下を防げるかもしれません!

 

(5) 湯船に浸かる

湯舟

 身体が冷える秋冬は特に、湯船でしっかりと温まることが重要です。
38〜39度くらいのお湯に20〜30分肩まで浸かって温まるのが理想だと言われています。
お気に入りの入浴剤を入れてリラックスしたり、バスソルトを入れてさらに身体を温めるのもオススメ☆

 冷えは、健康はもちろん、美容にも大敵…!今年の秋冬は『温活』でキレイと健康を手に入れましょう!

PRIORI SALON

肌タイプを診断して、似合うメイク体験で“自分らしく輝くコスメ”やメイク法を資格を持ったアドバイザーがお伝えします。
お近くの正規代理店へお気軽にご相談ください。

あなたの魅力を引き出す メイクサロン プリオリコスメ販売代理店サロン

BACK NUMBER

  • 2020冬メイク

    71 BEAUTY 2020冬メイク撮影レポート

  • 69 BEAUTY 化粧下地のすすめ

  • 秋のお悩みメイク

    68 BEAUTY ホワイトを使った秋のお悩み解消メイク

トップへ戻る