プリオリコスメ

オンラインショッピング

美肌作りの洗顔How To

Prioricosme ブログ|Priori Style

BEAUTY 美肌作りの洗顔How To

skin care, beauty portrait

「その日の汚れは、その日のうちに…」肌の健康を保つ重要項目の一つが『洗顔』です。
前回お伝えしたように、春は花粉や飛散物の影響で、肌が揺らぎやすい季節…。
今回はこの時期も、健康な肌をキープするための洗顔方法について、ご紹介していきます。

その洗顔方法、トラブルの原因かも…!

Pencil - direction indicator - choice of right or wrong.

普段からこだわってしている洗顔方法も、いつのまにか肌に負担をかけている場合があります。
ここからは、洗顔時の要注意項目と原因をお伝えします。

      1.熱いお湯・冷水で洗う
      熱いお湯での洗顔はお肌に必要な皮脂を取りすぎてしまい乾燥の原因に!
      また、冷水だけで洗うのも、汚れが残りやすく肌を清潔に保ちにくくなり、時に毛穴を閉じてしまうため、
      化粧水などの浸透率を下げてしまう場合があります。
      できる限り避けましょう。

      2.強く圧をかけて洗う
      皮脂の多いところや、毛穴が気になるところをごしごしと擦っていませんか?
      摩擦は肌へダメージを与え、毛穴を広げ、色素沈着などの大きなリスクを伴うこともあるため、気をつけましょう。

      3.サッとすすぐ
      洗顔料のすすぎ残しは、毛穴の詰まりや、ニキビの原因になります。
      特に、フェイスラインや小鼻の脇、目尻、あごの下などは、すすぎ残しが多くなりやすいのでよく洗いましょう。

      4.タオルでごしごし拭く
      水気がなくなるように、タオルで強く擦ってしまうのは気持ちいいのですが、肌のためには、優しくそっとがベスト!

      5.1日に何度も洗顔する
      肌への過剰な刺激となり、必要な皮脂まで落として乾燥を招いてしまいます。
      肌のバリア機能が低下してしまい、トラブルの原因になるので、要注意!
        

今日からあなたも洗顔プロ!

Skin care

  

ここからは、洗顔のポイントをお伝えしていきます。
毎日忙しい方も、ほんの少し意識して取り入れてみてくださいね♪

      1.手を洗う
      手にはたくさんの雑菌が付着しているので、それを顔に塗り広げないようにしましょう。
      また、手に油分があると洗顔料の泡立ちを妨げますので洗顔前の手洗いは大切です。

      2.ぬるま湯で顔を濡らす
      洗顔料を使う前に32~35℃(人肌くらいの温度)のぬるま湯で顔を濡らしておくと洗顔料がなじみやすくなります。
      乾いた肌に泡を乗せると、泡がなくなり摩擦の原因となります。

      3.洗顔料をしっかり泡立てる
      洗顔ネットなどを用いて、洗顔料をしっかり泡立てます。
      逆さにしても落ちないくらい、もこもこの泡になるのがベスト!
      しっかりと泡立ち空気の含んだ泡は、肌に密着し乗せるだけでも汚れを落としてくれます。

      4.泡を転がすようにやさしく洗う
      3.の泡を顔に乗せ、撫でるようにやさしく、できるだけ短時間で洗います。

      5.ぬるま湯でやさしくしっかりすすぐ
      ぬるま湯を手いっぱいにすくって、肌に摩擦が起こらないようにやさしくすすぎます。
      また、フェイスラインなどにすすぎ残しがないようにしましょう。

      6.清潔なタオルでやさしく拭く
      ぽんぽんと肌にのせて表面の水分を吸水するだけでOK。清潔なタオルで拭きましょう。

      7.すぐにスキンケアを行う
      洗顔後の肌はとても敏感で乾燥しやすくなっています。
      洗顔が終わったら、すぐにスキンケアを行うようにしましょう。

Woman sitting on green

以上、洗顔方法についてお伝えしました。いかがでしたでしょうか?
洗顔は、翌朝のメイクにも影響してきます。肌トラブルを起こしやすいこの季節、一緒に強く健やかな肌を作りましょう♪

 

PRIORI SALON

肌タイプを診断して、似合うメイク体験で“自分らしく輝くコスメ”やメイク法を資格を持ったアドバイザーがお伝えします。
お近くの正規代理店へお気軽にご相談ください。

あなたの魅力を引き出す メイクサロン プリオリコスメ販売代理店サロン

BACK NUMBER

  • sunscreen

    BEAUTY 意外と知らない?正しい紫外線対策

  • hair

    BEAUTY 似合うヘアカラーで、より魅力的な自分に!

  • women

    BEAUTY 花粉に負けない肌作り